都をどり 千秋楽 [view]

IMG_0032.JPG
連休中に、春の京都の風物詩・・都をどりを観に行って来ました(^^♪
IMG_0033.JPG
一際目立つお城のような建物は弥栄会館といい、その手前に都をどりを観劇する
祇園甲部歌舞練場があります。
弥栄会館は白鷺城(姫路城)をモデルにした近代建築です。
IMG_0041.JPG
IMG_0043.JPG
演舞の前にお茶席があり、待ち時間には庭園を散策しました。
モミジの新緑が綺麗な時節ですね。
IMG_0049.JPG
IMG_0050.JPG
芸妓さんによる立礼式のお点前を見ながら、抹茶とお菓子をよばれました。
 
IMG_0052.JPG
まめ柳さんという舞妓さんです。
IMG_0054.JPG
舞踊中は撮影禁止ということで、演舞の前に・・・・
都をどりの芸舞妓さんの舞踊は京舞井上流という、能舞、歌舞伎等から考案、伝承されてきた
伝統ある舞で、祇園では井上流以外の流派は許されず、門外不出、男子禁制の
流派だそうです。
腰を下げすり足の動きが特徴的で、表情ではなく舞のみで感情表現をする舞は
女性ならではの美しい所作と、緊張感のある力強さを備え
人の命を表現するものだということです。
ちなみに現在京都の花街は、都をどりの祇園甲部以外に
宮川町、先斗町、上七軒、祇園東と全部で5つあり
総称して五花街(ごかがい)とよばれているそうです。
初めて観た都をどりでしたが、今回は16列目と席が後ろの方だったので
今度はもっと前で観たいと思います。
IMG_0060.JPG
お茶屋さんの門からの眺めが美しかったので一枚・・
IMG_0061.JPG
睡蓮鉢を置いてるところもありました。
IMG_0063.JPG
ダルマメダカが元気に泳いでいました。
この舞は井上流ではなさそうですね・・

ko-en blog

k_17954_lg.gif

blog de ko-en