飛庄(とびしょう)の剪定鋏 [tool]

DSC_0124.JPG
山形市の指定伝統工芸品 飛庄の剪定鋏を購入しました。
多くのプロに愛用され品質に定評のある飛庄印の大型剪定鋏です。
持ち手の返しがある形状なので、握り手がずれずにしっかりフィットしてくれます。
私のように普通の手のサイズでも楽に使えそうですね。
DSC_0125.JPG
飛庄 剪定鋏 新改良A型230mm 安来鋼ロウ付
スマホと比べると大きさが分かりかと思います。
いい道具に見合う仕事をしなければなりません(・д・)ъ
大切な樹木の剪定はコーエンで・・・

ビオトープに癒される庭 [work]

DSC_0108.JPG
ホームページをリニューアルしました!
新たに施工例のページが追加されましたのでご覧下さい。
DSC_0097.JPG


baby chair [work]

DSC_0305.JPG
以前使った木材の余りがあったので、ベビーチェアーを作りました。
レッドシダーという主にウッドデッキに使われる木材です。
デッキ材のスタンダードと言われる木材ですが、昨今は
ウリン、イペ、サイプレスといった耐久性の高いハードウッド系の木材もよく使われるようになっています。
最高級デッキ材のウリンはアイアンウッド(鉄の木)とも呼ばれ
100年もつと言われています。
宏苑ではレッドシダーとサイプレスを扱っております。
 
DSC_0301.JPG
最近は人工木のデッキなども進出してきて、デッキ材は戦国時代ですね。
それでもレッドシダーはやはりデッキ材のスタンダードとして根強い地位を堅持しているようです。
ハードウッドに押されながらも根強い人気の理由はなんでしょうか?
1つは柔らかい木肌と、肌触りでしょう。
ハードウッドは丈夫な反面手触りも硬く、いわゆる樹木のもつ温もりみたいなものに欠けます。
2つ目はやはり、手頃なお値段ですか。
メンテフリーか、初期費用の安さに木の温もりか?
悩ましいところです(・・;)

ko-en blog

k_17954_lg.gif

blog de ko-en